非接触型赤外線体温計 サーモファインダーPro FS-300 | 株式会社あうる
非接触型赤外線体温計 サーモファインダーPro FS-300トップ » よくある質問

よくある質問

測定の環境は?
サーモファインダーProは周囲環境の温度に左右されます。
必ず20℃〜40℃の環境で使用してください。
患者様及びサーモファインダーPro本体を測定場所の温度に10〜20分間慣らした後にご使用下さい。
詳しくは、使用上の注意をお読みください。
腋窩温と差異があるのは何故?
サーモファインダーProは舌下温に近い温度を表示します。一般的に腋窩温に対して、舌下温は0.2、0.3℃程度高いと言われています。
但し、個人差がありこの範囲に入らない人もいます。
患者様の平熱を理解した上でご使用をお願い致します。
ERRと表示されるのは何故?
サーモファインダーProを測定直前まで、室温が低い場所、もしくは、暖房器具の吹き出し口など熱気が直接当たる場所で保管しており、本体の温度が15〜40℃の範囲外となっている
詳しくは、エラーサインの項目をお読みください。
次の人を検温する際には、電源が落ちるのを待つ必要はありますか?
電源が切れるのを待たずして、背面のSTARTボタンを押せば連続検温が可能です。連続検温をされる際は、各人の額の状態(汗など)や測定部位から本体を離し過ぎないことにご注意下さい。
体温が低めに表示されるのですが?
患者様は周囲の温度に馴染んでいるにも関わらず、体温が低めに表示される原因として、以下のケースが考えられます。

  • サーモファインダーProを検温直前まで、暖房器具の吹き出し口など熱気が直接当たるところに置いたため、本体の温度が室温より高くなっている
  • 患者様が測定直前まで、頭部(額・後頭部)への保冷パック・氷枕などのアイシング等体温を下げる処置を実施していた
  • 測定モードの切り替えを誤り、体温計モードではなく、温度計モードにて額を測定した場合、正しい測定値が出ないことがあります
  • 汗※、髪の毛、ファンデーション、メガネなど障害物が影響した場合、正しく測定されない場合があります。特に汗を拭いた後などは気化熱の作用の影響を受ける事があります。

※汗をタオルなどで拭いても完全に取りきることは出来ません。胸部などで計測して下さい。
環境よる多少の差異や個人差はありますが、腋窩で検温し再現される温度と同等程度の体温が再現されます。(下着等をはだけ、すぐに計測してください)
詳しくは、体温が低めに表示されるケースの項目をお読みください。

体温が高めに表示されるのですが?
患者様は周囲の温度に馴染んでいるにも関わらず、体温が高めに表示される原因として、以下のケースが考えられます。

  • サーモファインダーProを、測定直前まで室温が低い場所に保管しており、本体の温度が室温より低くなっている
  • 患者様が測定直前まで、直射日光や暖房器具の吹き出し口など熱気が直接当たるところにいた
  • 測定モードの切り替えを誤り、体温計モードではなく、温度計モードにて額を測定した場合、正しい測定値が出ないことがあります

詳しくは、体温が高めに表示されるケースの項目をお読みください。

どのように清拭したら良いのですか?
本品は防水仕様ではありません。アルコールを過度に含んだ酒精綿などで清拭すると、本体内部に水分に入り、故障に繋がる恐れがあります。
本体の汚れがひどい場合は、水または中性洗剤をしみ込ませた布をかたく絞って拭き取った後、柔らかい布でから拭きして下さい。
センサー部は、無水アルコールを含ませた綿棒で注意深く清掃してください。
センサー部
▲このページのトップへ